ナオと2度目。ラブスパ&性感開発(2)

ナオとの2度目の出会いの続きです。
一話目はこちら

▼ナオとの初めての出会いについてはコチラ↓
一話目 二話目 三話目

クリ舐め絶頂

いやらしく濡れそぼったアソコに、丸みを帯びた柔らかい生尻。

前回のラブスパを思い出し、強く引っ叩きたい気持ちを抑えつつ、彼女を仰向けに寝かせる。

今回は前回と違い、ラブスパがメインではありません。
彼女の新たな性感帯(=ポルチオ)を開花させるのが主な目的。

そのため、スパは後にとっておき、まずは愛撫に集中する。

目を細め、うっとり呆然とした表情のナオ。
両脚は前に投げ出すような感じで、軽く開いている。
陰毛に隠れて良く見えないが、濡れているのはハッキリとわかる。

彼女に近づき、だらしなく投げ出された両脚の足首を掴んで、思いっきり真上に持ち上げた。

「・・・やだっ!」

ナオが両手で股間を隠す。

「ダメだよ。ちゃんと見せて」

そう促され、観念したのか、両手をどけ、目を閉じ横を向く。

完全に露わになった局部は、溢れた汁で、テカテカといやらしく光っている。
ナオの息がどんどん荒くなっていく。

両手を彼女の足首から太ももに移し、顔をアソコに近づける。
私の息が、彼女のアソコにかかるくらい、顔を近づける。

「びしょびしょ。いやらしいニオイがぷんぷんする」

「・・・」

両手で顔を覆い、肩で荒く息をしている。

・・・実際は、ほとんど臭いなどしないのですが、ワザとそうやって言葉で彼女を辱める。

「におい」の事を言われると、気になって集中できず、萎えてしまう女性も多いのですが、ナオは前回何度も言葉で虐めたので、今回も同じように言葉責め。

ここで完全無防備なアソコに、おもいっきりむしゃぶりついた。

「あんっっっ!」

急にアソコに口をつけられ、驚いたような喘ぎ声をあげるナオ。

彼女に「クンニ」するのは初めてですし、不意をつかれたため、驚くのも当然です。

「ジュル!ジュル!ジュルルルル・・・」

ワザと大きく下品な音をたてて舐めまわす。

濡れそぼった割れ目に舌を這わせたり、舌先を尖らせてクリトリスや穴の入口をつついたり。
舌を前後左右、縦横無尽に動かし、アソコ全体を舐めまわす。

アンアンと喘ぐ様子や、太ももが震えたり閉じようとする仕草で、彼女が徐々に昇りつめようとしているのがわかります。

最後はクリトリスに集中攻撃。
執拗なクンニで感じ、勃起したクリをジュルジュル吸い上げたり、舌先で細かく、何度も弾く。

「もっ、もうダメ・・・」

彼女がそう言ったと同時に、腰がビクンっ!と跳ね上がった。

クリ舐めで、最初の絶頂。

脚を八の字に放り出し、放心状態。

…上半身が着衣のままで暑そうだったので、
この間に脱がせてあげましたw

開花した性感帯「Gスポット」で絶頂

下品な音をたてながらアソコを舐めまわされ、クリを舐められ派手にイったナオ。

しかし、まだ愛撫は始まったばかり。
少しだけ間をあけて、すぐに新たな愛撫に移りました。

前回、彼女は初めて「Gスポット」での絶頂を経験しました。
今回もGスポットへの愛撫でイけるのか。

既にアソコは十分に濡れ、準備万端整っている。
人差指と中指を揃え、彼女の穴へゆっくりと潜り込ませる。

・・・ヌルヌルと二本の指が飲み込まれてゆく。
すかさず「Gスポット」の位置を確認。
中に潜り込ませた指を折り曲げ、クイクイと「Gスポット」がある付近を刺激する。

「あっ!」

何度か指を動かすうちに、ぐったり横たわっていた彼女が反応した。
あとはその場所(=Gスポット)を集中的に刺激する。

クチュクチュ。ジュブジュブ。。。

さっきまでの愛撫で濡れに濡れたアソコは、指が動くたびにいやらしい音と飛沫を撒き散らす。

「あああっっっ!」

1分も刺激しないうちに、大きな喘ぎ声とともに、腰を浮かせるような格好になる。

「もうイクの?」

そう彼女に聞きながら、彼女が浮かせた腰に左腕を巻きつけ、身動きできないようにガッチリ固定する。

私の言葉に応える余裕など無さそうな様子。
必死に身をよじりながら、喘いでいる。

Gスポットに押し付けた指を更に小刻みに、細かく動かす。

「イクのっ?」

さっきより大きな声で、わざと再度彼女に確認する。

「っっゴメンナサイっ!、、あおぅっ!」

・・・今回も「謝罪」の言葉。

やっと絞りだした、「ごめんなさい」という謝罪の言葉。
そして、余裕なく絶頂へと押し上げられた、獣のような喘ぎ声。

先ほど「クリ舐め」でイったときよりも激しく身をよじり、思いっきり昇りつめました。

前回に続き、今回もGスポットで絶頂。
もう彼女の「Gスポット」は、完全に開花しました。

それにしても、なぜ、「ゴメンナサイ」なのか?w
彼女は前回も、最中に謝罪の言葉を口にしましたが、これはある種の「癖」みたいなものでしょう。

後で彼女に聞いたところ、

  • 聞かれたのにちゃんと返事返せなかったこと
  • 早くイってしまうこと(もうイクの?と聞かれたことを受けて)
  • 自分だけ先に、何度も気持ちよくなってしまい、申し訳ないという想い

、、、などの様々な理由で、謝罪の言葉が出たようです。
一瞬のうちに、いろんなこと考えるんですねw
でも、とても健気というかなんというか、かわいくて興奮しますw

彼女とエッチしていると、私の奥底に眠るSっ気が、ふつふつとわき上がってきます。
虐めたくなる仕草、雰囲気、表情。

そのため、彼女に投げかける言葉が、少しキツめになってしまうことがあるのですが、彼女はそれを自然に受けいれてくれる。

自分の内に秘めたものを遠慮なく解放できる相手とのエッチは、とても心地よく楽しいものです。

・・・いけない。まだ愛撫の途中なのに、大分長くなってしまいました^^;

ここで一端切ります。

続きはまた近日中にアップします。
>>三話目、アップしました

コメントを残す

*